原発に関するシンポジウムなどをめぐる経済産業省原子力安全・保安院のやらせ要請問題で、同省が設置した第三者委員会は30日、当時の保安院の原子力安全広報課長や職員が電力会社側に「鍵は動員確保、反対派の怒号をどう抑えるかである」「会社関係者もどんどん参加して意見を言いなさい」などと伝え、動員などを働き掛けたとする中間報告を公表した。
 保安院の深野弘行院長は「国民、関係者におわびする。公正中立に行動するのが本来あるべき風土だが、そうなっていなかった」と謝罪した。
 中間報告によると、元課長は九州電力玄海原発のシンポと四国電力伊方原発のシンポで動員を働き掛けた。
----------------------------------------------------------------------------------------------
まるで総会屋対策だな。
保安院のお仕事って大変なのね、ご苦労さまです。
出来れば本来のお仕事をこれくらい精力的にやってほしいものですね。
なんたってお給料は税金ですからね。
税金もらって国民騙しちゃね~。