ttammakko24のblog

気になるニュースを転載しています。

2019年09月

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019093001002254.html

 共働きやひとり親家庭の小学生を放課後に預かる放課後児童クラブ(学童保育)を、希望したのに利用できなかった「待機児童」は5月1日時点で1万8176人となり、過去最多を更新したことが30日、全国学童保育連絡協議会の調査で分かった。前年より1219人増加した。

  小学校入学後に子どもの預け先に困り、母親が離職を余儀なくされる「小1の壁」が問題となっており、国は2023年度末までに定員を約30万人分拡大する 計画だ。共働き世帯が増える中、学童保育のニーズは一層高まっており、受け皿の整備が追い付かず事態解消が見通せない状況が浮き彫りになった。

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍内閣には、期待出来る事ではありませんね。国民は「搾取」の対象でしかありませんから。そんな「棄民搾取政党」を一強にした、選挙にも行かず、あまつさえ、支持した国民がおバカさんです。

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019093001002045.html

 北方領土・国後島の泊墓地へ向かう墓参団員ら=8月10日

 北方領土・国後島の泊墓地へ向かう墓参団員ら=8月10日

 高齢化が進む北方領土の元島民の負担軽減を目的に、従来の船だけではなく空路での墓参も併用している択捉、国後両島で、現地の空港からバスや車で 近くまでたどり着けない墓地が両島計35カ所のうち約6割の20カ所に上ることが30日、元島民団体の千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)への取材で分 かった。

 道路が整備されておらず、近くの海岸に上陸しないとアクセスできない墓地が多いためだ。空路墓参は安倍晋三首相とロシアのプーチ ン大統領が合意して2017年から3年連続で行われているが、北方領土を実効支配するロシア側による道路整備は17年以降もほとんど進んでいない。


https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019093001002544.html

 東京電力は30日、福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)全4基について、電気事業法に基づく廃止を経済産業相に届け、4基は正式に廃炉になっ た。事故を起こした福島第1原発の計6基と合わせ、県内の原発は全て廃止された。国内で原発事故後の廃炉は21基となり、商業用原発は33基になった。

 廃炉作業を始めるには、原子力規制委員会から廃止措置計画の認可を受ける必要があり、東電は今後計画を策定する。

 第2原発は震災や原発事故からの復興の妨げになっているとして、福島県などが廃炉を強く要請。東電は7月24日に廃炉の方針を県に伝達し、同月31日に廃炉を取締役会で決定した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

廃炉を決めても、実際に廃炉作業が円滑に実行出来るのか?そこから出る「放射性廃棄物」を、何処にどう処理するのか?立地、建設。維持に莫大に投入された税金は、廃炉でも同じように投入されるのか?知りたいです。

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019093001002416.html

 東京電力は30日、福島第1原発で放射性物質に汚染された機材を保管するサイトバンカ建屋に昨年11月以降、想定外の地下水が流れ込み、今年8月に流入対策を完了するまでに約8千トンの汚染水が発生したと明らかにした。福島県いわき市で開かれた経済産業省の廃炉・汚染水対策現地調整会議で報告した。

 東電によると、同建屋への地下水流入量は1日あたり約5トンだったが昨年11月以降、最大で同約40トンに急増。地下に埋められたビ ニールホースが排水口とつながって流入源となっていたことが判明し、ふさぐ対策を終えた。流入量は1日あたり0・2トン程度に減ったという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不都合、不作為、不祥事は全て「想定外」?安倍晋三、IOCプレゼンで「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています…」は、どうした?

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019093001002480.html

 2011年3月の福島第1原発事故を巡り、東京電力旧経営陣が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、検察官役の指定弁護士は30日、勝俣恒久元会長(79)ら3人を無罪とした19日の東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。

 指定弁護士は「このまま確定させるのは著しく正義に反する。被告の負担を考慮しても、上級審で判断を求めるべきだ」とのコメントを出した。勝俣元会長と武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3人にいずれも禁錮5年を求刑していた。

 3人の弁護側は「コメントを出す予定はない」としている。

↑このページのトップヘ