ttammakko24のblog

気になるニュースを転載しています。

2012年10月

http://civilopinions.main.jp/2012/10/1031.html

<2010年9月8日大手6紙が「議決は10月末になる」と一斉報道したのに、6日後の9月14日議決はありえない>

 2010年9月8日の6紙の一斉報道を見てもらおう。
9月8日付大手6紙新聞報道.pdf
どの新聞も、「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格的に始まり、議決は10月末になる」と報道した。
ところが、検察審査会は、10月4日「9月14日、代表選投票直前に起訴議決した」と発表した。
「9月8日に審議が始まった」としながら、6日後に起訴議決したということなのだから、「起訴議決」発表そのものがインチキということは明白だ。
検察審査員がいたら、こんなことは発表できない。
どう考えても審査員はいないし、審査会議は開かれていない。議決書だけを作成し発表したとしか考えられない。架空議決というやつだ。
「検察が捏造報告書を提出したため、検察審査員がそれに誘導されて起訴議決の判断をした」という司法専門家がいるが、6日間で、素人11人に事件の全貌を理解させ、誘導したとするのは到底無理な話だ。
検察審査員がいたとしたら、どんなに手なずけてもいつかばらしてしまうだろう。最高裁はそのような危険な手は選ばない。

 最高裁は、当初から「10月末に架空議決をすること」に決めていた。
ところが、9月8日~14日の間で急遽議決時期を早めることにした。
民主党幹部から「9月14日までに起訴議決しておいてほしい」と頼まれたのだろう。

 通常なら断るであろうが、最高裁には断れない事情があった。


<最高裁は、「香川事件」もみ消しで、仙谷元官房長官ら民主党幹部に借りがあった>

 「香川事件」と「民主党幹部による香川事件もみ消し」のあらまし

 2008年3月、社団法人民事法情報センター(法務省所管)が、理事会での承認も取らずに無利子・無担保・無期限で1500万円を理事長である香川保一に貸し付けた。また同時に理事長に対する報酬をも理事会に無承認で改定し、月額50万円から月額100万円に増額した。

香川保一理事長は、法務省の官房長や民事局の局長、札幌高裁、名古屋高裁の裁判所長官など歴任し、最高裁判事となる。1993年勲一等瑞宝賞。退任後、弁護士事務所を開設しながら、民事法情報センター理事長を務めていた。

 2010年4月13日、民主党による「事業仕分け」の事前調査で、この事実が発覚。
さらに、民事法情報センター敷地内に、香川の弁護士事務所が設置されている点も明らかにされた。
2010年4月15日、問題が明るみになったことから、香川は全額を返金した。
2010年4月16日、衆議院法務委員会の審議ではこれらの点が問題視され、法務大臣千葉景子は「民事法情報センターの存続について検討する」と答弁した。
2010年5月8日、社員総会を開き、社団法人「民事法情報センター」の解散を決定。
香川の同法人の私物化はこれに止まらなかった。自分の弁護士事務所経費、人件費のつけ回しなど、帳簿を精査されないように慌てて法人解散を決定したといわれる。
この事件が、民主党の事業仕分けの事前審査で明るみに出てから、法人の解散決定まで24日しか掛かっていない。しかもこの間にゴールデンウイークを挟んでいるので、実質10日あまりで解散決定をしたことになる。

 多数の有料会員や利用者を無視して突如事業を中止して解散したのは、かなりの暴挙と言われた。この解散以降、記者クラブメディアはまるで箝口令が敷かれたようにこの事件から手を引いた。
 当時の千葉景子法務大臣はこの事件を不問に付したのみならず、この事件が明るみに出た途端に、なぜかこの法人を解散させた。ここで仙谷、千葉は法務省、最高裁に大きな貸しを作った。


<2010年9月8日~9月14日、民主党幹部が"代表選挙前の小沢起訴議決"を依頼し、最高裁が了承した?>

 依頼ルートは、仙谷元官房長官→江田五月議員→竹崎博充最高裁長官→最高裁事務総局→検察審査会事務局か? 

 なお、江田五月議員と竹崎博充最高裁長官とは、小中高そして東大法学部の同窓、そして2人とも裁判官の道に進んだ。二人は昵懇の仲だ。
2人が民主党と最高裁事務総局との仲介をしたということだろう。

 最高裁事務総局は、民主党幹部に借りがあるため断れなかったのだろう。
どうせ起訴議決するのだから、それを早くしてもばれるとは思っていなかったのだろう。

最高裁事務総局の判断は甘かった

 審査会議を開いていないのに開いたとするのは、無理がある
架空議決はいずればれる

http://sun.ap.teacup.com/souun/9008.html

「必読!【産経抄『特捜部の「弱い者いじめ」に憤激したベテラン記者』】:郷原信郎氏」  検察・司法・検察審査会
https://twitter.com/nobuogohara

佐藤真言さんを応援する会のサイトhttp://t.co/wXL3iqG1 を是非拡散してください。

特捜検察に踏みつぶされた経営コンサルタント佐藤さんと中小企業経営者の朝倉亨さんの苦しい闘いが今も続いています。

こんなことで二人が刑務所に入れられるような世の中に正義はありません。

人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。応援よろしくお願いします。


必読!【産経抄『特捜部の「弱い者いじめ」に憤激したベテラン記者』】 http://on-msn.com/SPRJcR  

特捜検察に踏みつぶされた朝倉亨氏・佐藤真言氏。

事件の詳細⇒拙稿【「正義を失った検察」の脅威にさらされる「400万中小企業」】http://bit.ly/QAxZup

【(読売)検察、有罪維持に固執…方針転換は再審10日前】http://bit.ly/S5Tl23  

未だにそんなこと言っていること自体が「検察崩壊 失われた正義」そのもの。

まずは、「すべての刑事事件は法と証拠に基づき適正に処理されている」という「検察の正義」の神話から脱却すること

----------------------
http://on-msn.com/SPRJcR
特捜部の「弱い者いじめ」に憤激したベテラン記者
2012.10.29 03:25 [産経抄]

経営コンサルタントと衣料品会社の社長が、金融機関から融資金をだまし取った容疑で昨年9月、東京地検特捜部に逮捕された。東日本大震災をめぐる、国の緊急融資制度を悪用した犯行である。

▼特捜部の発表に基づく新聞記事を読んで、「震災詐欺」とも呼ぶべき事件の悪質さに、怒りを覚えたものだ。しかし、同僚の石塚健司記者が先月出した『四〇〇万企業が哭(な)いている』(講談社)によれば、実態はまったく違っていた。

▼中小企業の支援を使命とするコンサルタントの佐藤真言(まこと)さんは、成功報酬を得たわけではない。朝倉亨(とおる)さん経営の会社も、融資をすべて事業資金に回し約定通りの返済を続け、再建の道を歩んでいた。「粉飾決算をしている中小企業が何社潰れることになろうと、それは仕方がないことだ」。検事の言葉通り、会社は強制捜査を受けて倒産した。従業員は路頭に迷い、大打撃をうけた取引企業も少なくない。

▼本の題名の「四〇〇万」は、全国の中小企業の数だ。不祥事をきっかけに生まれ変わったはずの特捜部が、巨悪に立ち向かわず、なぜ弱い者いじめをするのか。ベテラン司法記者は怒り、絶望と闘い続ける2人の男を見守っている。読者からも義憤の声が上がり始めた。

▼すでに1審の東京地裁では、2人とも懲役2年4月の実刑判決が下っている。ともに控訴し、佐藤さんは控訴棄却で上告中だ。朝倉さんの控訴審は、来月7日に判決が予定されている。

▼そこで急遽(きゅうきょ)「朝倉亨さんを支援する会」が結成された。ホームページ上で、嘆願書の署名と支援金の振り込みを10月いっぱい呼びかけている。支援金はすべて、事件で被害を受けた、金融機関への弁済に充てられるという。

----------------------
http://bit.ly/S5Tl23
検察、有罪維持に固執…方針転換は再審10日前

東京電力女性社員殺害事件で高検が無罪主張に転じたことについて、ある検察幹部は再審公判を前に「有罪主張の意見が強硬すぎて、主張の変更が遅れた」と戸惑いを隠さなかった。

この幹部は、昨年夏に被害女性の体内の精液などから第三者(X)のDNA型が検出されたことに触れ、「あの時点で(マイナリさんが)犯人ではない可能性が生じ、無罪はほぼ決定的になった」と振り返る。だが当時、検察内部では「Xが女性と接触したのは事件より前の可能性がある。確定判決は揺るがない」との見解が支配的だった。

今年6月の再審開始決定は、真犯人はXとの見方を強く打ち出した。「再審でも勝機はない」と検察内部に危機感が広がったが、「(マイナリさんが犯人との)ストーリーを描ける余地があれば、有罪主張は変えるべきではない」と、一貫性を重視する意見が勝った。結局、方針転換は再審公判の約10日前だった。
(2012年10月29日17時37分 読売新聞)

●郡山市 134000 Bq/m2 路上マラソン。空間は1μSv/h。これは殺人だ
http://ameblo.jp/pochifx/entry-11375178427.html
●《学童の被曝》 郡山市の小学校のプールサイド(屋外)は最大104万ベクレル (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/616.html
●平方メートル12万ベクレルの上でラジオ体操、郡山市。
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1282.html
●郡山市の汚泥ダストから1キロ当たり 247万ベクレル!-下水処理施設の生成物放射能汚染ランキング
http://www.best-worst.net/news_W1tHFVxqc.html
●福島県郡山市の牛肉 基準値超セシウム150ベクレル検出
http://mokuou.blogspot.jp/2012/09/blog-post_7530.html
●福島県郡山市のブルーベリーからセシウム合計 582Bq/kg 検出
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11353908433.html

県は29日、十日町市で捕獲されたクマの肉から、新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える760ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県が実施している野生鳥獣の検査では過去最大値。肉は販売されておらず処分する。

24日に有害鳥獣として捕獲されたクマを調べた。県は、市町村や猟友会を通じ、同市で捕獲されたクマの食用自粛を呼び掛けている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
氷山の一角ですね。

http://hibi-zakkan.net/archives/19548069.html



https://livedoor.blogimg.jp/heart_ikki-hirose/imgs/a/1/a184ea27-s.jpg



 セシウム濃度を検証 県農業総合センター
2012年10月30日 09時55分配信

 
農作物を乾燥させた加工食品の一部から高濃度の放射性セシウムが検出されている問題で、ちりやほこりが舞いやすい条件下で乾燥させると濃度が高まることが分かった。
 
29日、県農業総合センターが郡山市で開いた試験研究成果説明会で発表した。
柿などの農作物は乾燥すると水分がなくなり重量が軽くなるため、1キロ当たりの放射性物質の濃度が高くなる。
 
ただ、想定を大きく上回る放射性物質が検出されるケースもあるとして調査した。
センターが中通りの6カ所から取れたダイコンを使い、切り干し大根を作る過程で実験した。
 
ダイコンを乾燥機で元の重量の20分の1程度に乾かしても検出限界値以下だった。
 しかし、センター内の軒下などで乾燥させた結果、最大で1キロ当たり3421ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。
 
センターは、空気中のちりやほこりが付着したことが濃度を高めた原因と結論付けた。
濃度が高いものほど、ちりの付着が多かったという。

>ダイコンを乾燥機で元の重量の20分の1程度に乾かしても検出限界値以下だった。
しかし、センター内の軒下などで乾燥させた結果、最大で1キロ当たり3421ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

それ、思いっきり空気が汚染されてるってことじゃん!!


郡山の子供たちは、もうマスクしてないんでしょ!?


政府とマスコミの「安全だ安全だ!」といった刷り込み運動のおかげで、いっぱい吸い込んでるね。

↑このページのトップヘ